臨床研修について(認定臨床研修施設について)
 認定臨床研修について  認定臨床研修認定施設一覧
認定臨床研修施設について
認定臨床研修施設の認定基準
  1. 手外科疾患を対象とした診療実績の延べ人数が前年の1年間で1,200人以上であること.
  2. 認定臨床研修施設Aは,指導にあたる認定ハンドセラピストが1名以上常勤していること.
  3. 認定臨床研修施設Bは,指導にあたる認定ハンドセラピストが1名以上非常勤で1週間に4時間以上勤務していること.
  4. 認定臨床研修課題に基づく研修ができること.
  5. 日本手外科学会が定める手外科専門医が指導する認定研修施設であることが望ましい.
上記の認定臨床研修施設の認定基準を満たし,認定臨床研修施設の認定を希望される施設は,日本ハンドセラピィ学会認定臨床研修委員会に認定臨床研修施設の申請を行って下さい.
【申請書類】
申請時には以下の必要書類を提出してください.
  (1) 認定臨床研修施設申請書(様式:臨−1号)
  (2) 認定臨床研修施設情報(様式:臨-2号)
  (3) 指導にあたる認定ハンドセラピストの在職証明書(様式:臨-3号)
  (4) 指導にあたる認定ハンドセラピストの認定証の写し
【申請先】
〒192-0002 東京都八王子市高月町360番地 
東京手の外科・スポーツ医学研究所 認定臨床研修委員会事務局   阿部幸一郎 
TEL:042-692-1115 FAX:042-692-1241
【認定臨床研修施設の認定】
認定臨床研修委員会が認定臨床研修施設として適当と認めた場合,認定資格審査委員会の議を経て,理事会での承認をもって認定します.
認定臨床研修施設に認定された施設は,本ホームページ上に施設名および認定臨床研修指導者名を公示するとともに,本学会理事長より認定臨床研修施設認定証が発行されます.
【認定臨床研修施設の認定更新】
認定臨床研修施設の認定有効期限は5年です.
認定臨床研修施設の認定を更新する施設は、初回申請手続きと同様の方法で認定有効期限6か月前までに更新手続きを行って下さい.
【認定臨床研修施設の認定失効および辞退,取り消し】
1. 認定臨床研修施設の認定失効
認定臨床研修施設は,認定有効期間内であっても認定基準を満たすことが出来なくなった場合,認定有効期限が過ぎても更新手続きを行わない場合,認定は失効されます.
2. 認定臨床研修施設の認定辞退
認定臨床研修施設は,認定有効期限内であっても認定臨床研修委員会に認定臨床研修施設辞退届け(様式:臨-4号)および認定臨床研修施設認定証を提出し,認定を辞退することができます.
3. 認定臨床研修施設の認定取り消し
認定臨床研修施設は,認定有効期限内であっても認定臨床研修委員会が不適格と判断した場合は,認定資格審査委員会の議を経て,理事会での承認をもって認定を取り消すことができます.
【認定臨床研修施設に関する書類】
認定臨床研修施設の申請および辞退に必要な所定の書式を貼付します.ダウンロードしてご使用ください.
  認定臨床研修施設申請書(様式:臨−1号)
  認定臨床研修施設情報(様式:臨-2号)
  指導にあたる認定ハンドセラピストの在職証明書(様式:臨-3号)
  認定臨床研修施設辞退届け(様式:臨-4号)
認定臨床研修について
認定臨床研修の申請資格
  1. 本学会会員であること.
  2. 本学会認定ハンドセラピスト養成カリキュラムの基礎研修及び応用実践研修をすべて修了していること.
                    
上記の認定臨床研修の申請資格を満たしている方は,希望される認定臨床研修施設に研修の申請を行ってください.
【申請書類】
  (1)認定臨床研修申請書(書式:1)
  (2) 認定臨床研修個人資料(書式:2)
  (3) 認定臨床研修承諾書(書式:3)
  (4) 本学会会員証の写し
  (5) 本学会認定ハンドセラピスト養成カリキュラムの基礎及び応用実践受講修了証の写し
  (6) 返信用封筒(切手貼付)
【申請承諾後に提出する書類】
1. 認定臨床研修委員会に提出する書類
  (1)認定臨床研修承諾書(書式:3)の写し
  (2) 認定臨床研修開始届(様式:臨-5号)
  (3) 認定臨床研修に関わる誓約書(様式:臨-6号)
上記書類は,研修開始1週間前までに送付してください.
2. 認定臨床研修施設に提出する書類
  (1)認定臨床研修に関する契約書(書式:4)
  (2) 認定臨床研修施設に対する誓約書(書式:5)
  (3) 個人情報取り扱い誓約書(書式:6)
  (4) 未記入の認定臨床研修修了証明書(様式:臨-7号)
  (5) 認定臨床研修施設ガイドで認定臨床研修施設が請求する書類
【研修費】
施設使用料と研修指導料を合わせた認定臨床研修費を認定臨床研修施設の規定に従い支払ってください.
内容等に関しては,研修施設に直接問い合わせください.
【認定臨床研修の申請に関する書類】
認定臨床研修施設の申請および辞退に必要な所定の書式を貼付します.ダウンロードしてご使用ください.
  認定臨床研修申請書(書式:1)
  認定臨床研修個人資料(書式:2)
  認定臨床研修承諾書(書式:3)
  認定臨床研修に関する契約書(書式:4)
  認定臨床研修施設に対する誓約書(書式:5)
  個人情報取り扱い誓約書(書式:6)
  認定臨床研修開始届(様式:臨-5号)
  臨床研修に関わる誓約書(様式:臨-6号)
  認定臨床研修修了証明書(様式:臨-7号)
【認定臨床研修施設ガイド】
2016年4月現在の認定臨床研修施設の情報を掲載いたします。
各施設で研修を実施するために必要な書類をご確認の上、申請をしてください。
  愛野記念病院
  東京手の外科スポーツ医学研究所
  札幌徳洲会病院
  にしかわ整形外科・手の外科クリニック
  中日病院
  名古屋掖済会病院
  三仁会あさひ病院
  春日井整形外科病院
  金沢大学附属病院
  貞松病院
  北摂総合病院
認定臨床研修の実施
認定臨床研修は,研修指導者の指導の下臨床実習を行う認定臨床研修施設研修と認定臨床研修課題の症例報告から構成されております.
【研修期間】
認定臨床研修には一次研修と二次研修があり,一次研修修了後に二次研修を実施します.一次研修、二次研修の研修実施期間はそれぞれ1か月間,2か月間です.毎日継続して認定臨床研修を実施できない場合は,研修実施期間を時間に換算して実施できます.一次研修,二次研修の研修実施期間を換算した時間数は,それぞれ176時間、352時間です.      
【認定臨床研修課題】
認定臨床研修課題は,一次研修、二次研修ともにそれぞれ1例の研修施設症例報告です.症例報告は、原則として症例報告書作成要綱(認定臨床研修手引き:-2-b)に従います.各研修施設症例報告は,症例経験一覧(認定臨床研修手引き:-2-c)の内、異なる疾患であることが望まれますが,同一疾患であっても治療に影響する異なる要因があればよいものとします.
【研修施設症例報告の合否判定】
研修指導者により症例報告に関する判定基準及び審査結果(認定臨床研修手引き:-2-d)に従って研修施設症例報告の合否判定が行われ,症例報告合否判定表(書式:7)が発行されます.合格した研修施設症例報告書を,発行された症例報告合否判定表と症例報告の同意書(様式:臨-8号)を添えて本委員会に提出してください.
【認定臨床研修の中止】
研修指導者は,研修者が認定臨床研修規定に違反又は研修者として不適切な態度及び行為を行った場合は,認定臨床研修を中止することができます.
研修が中止となった場合,研修指導者は,本委員会に認定臨床研修の中止と,その理由を認定臨床研修中止届(様式:臨-9号)にて報告してください.
【認定臨床研修の辞退】
研修者は,何らかの理由により認定臨床研修の継続が困難な場合は,認定臨床研修を辞退することが出来ます.
研修を辞退する場合,研修者は,認定臨床研修委員会に認定臨床研修の辞退と,その理由を認定臨床研修辞退届(様式:臨-10号)にて報告してください.
【認定臨床研修の合否判定】
  (1) 認定臨床研修の皆勤
  (2) 認定臨床研修目標に対する達成度
  (3) 研修施設症例報告の合格
研修者指導者は,認定臨床研修施設研修皆勤証明書(様式:臨-11号)と症例報告合格判定表(書式:7),認定臨床一次研修の修了に伴い認定臨床(一次)研修修了証明書(様式:臨-7号)を,認定臨床二次研修の修了に伴い認定臨床(二次)研修修了証明書(様式:臨-7号)を発行します.
研修者は,発行された認定臨床研修施設研修皆勤証明書(様式:臨-11号),認定臨床(一次・二次)研修修了証明書(様式:臨-7号),症例報告合格判定表(書式:7)と,合格した研修施設症例報告と症例報告の同意書(様式:臨-8号)を認定臨床研修委員会に提出します.
【認定臨床研修合格後に研修指導者が発行する書類】
  (1)認定臨床研修施設研修皆勤証明書(様式:臨-11号)
  (2) 認定臨床研修修了証明書(様式:臨-7号)
【認定臨床研修合格後に研修者が委員会に提出する書類】
  (1)認定臨床研修施設研修皆勤証明書(様式:臨-11号)
  (2) 認定臨床研修修了証明書(様式:臨-7号)
  (3) 合格した研修施設症例報告
  (4) 合格した症例報告合否判定表(書式:7)
  (5) 症例報告の同意書(様式:臨-8号)
【認定臨床研修の取得単位】
研修者は,一次研修および二次研修の修了で,それぞれ4単位と8単位,合わせて認定臨床研修12単位を取得できます.
【認定臨床研修修了証の交付】
本学会理事長から,一次研修修了者に認定臨床一次研修修了証が,二次研修修了者に認定臨床研修修了証が交付されます.
【認定臨床研修施設研修の免除対象者】
  (1) 本学会会員
  (2) 認定臨床研修施設に勤務する者
  (3) 本学会認定ハンドセラピスト養成カリキュラムのすべての基礎および応用実践研修受講修了者
本学会認定ハンドセラピスト養成カリキュラムのすべての基礎および応用実践研修受講修了後の実務を認定臨床研修実施期間に代えることができます.
【認定臨床研修実務期間】
認定臨床研修施設Aに勤務する者の施設研修免除に対応する実務期間は,一次研修が2か月間,二次研修が4か月間です.
認定臨床研修施設Bに勤務する者の施設研修免除に対応する実務期間は,一次研修では352時間,二次研修では704時間です.
実務期間内に研修施設の認定を辞退ならびに取り消された場合には,認定臨床研修実施期間に代えることはできません.
施設研修を免除することが出来る者が免除せずに認定臨床研修を行う場合,勤務施設での施設研修は認めません.
【認定臨床研修課題】
認定臨床研修課題である症例報告は免除されません.
【認定臨床研修施設研修免除者の合否判定】
施設研修を免除する研修施設勤務者は,所定の実務期間と症例報告書の合格をもって認定臨床研修が修了となります.
【認定臨床研修施設研修免除者が認定臨床研修合格後に提出する書類】
  (1)認定臨床研修施設研修免除に関わる実務期間証明書(様式:臨-12号)
  (2) 合格した研修施設症例報告
  (3) 認定臨床研修修了証明書(様式:臨-7号)
【認定臨床研修の実施に関する書類】
認定臨床研修施設の実施に必要な所定の書式を貼付します.ダウンロードしてご使用ください.
  症例報告合否判定表(書式:7)
  認定臨床研修修了証明書(様式:臨-7号)
  症例報告の同意書(様式:臨-8号)
  認定臨床研修中止届け(様式:臨-9号)
  認定臨床研修辞退届け(様式:臨-10号)
  認定臨床研修皆勤証明書(様式:臨-11号)
  研修免除に関わる実務期間証明書(様式:臨-12号)
  症例報告の同意説明書
認定臨床研修読み替え処置
認定臨床研修を履修することが困難な者に対して,読み替え措置により単位を読み替えることができます. 読み替え措置の内容は,課題付研修と自施設症例報告で構成された一次研修と二次研修があり,一次研修修了後に二次研修を実施します.
申請資格,申請書類などは,認定臨床研修の申請資格を参照してください.尚,認定臨床研修施設に勤務する者は,勤務施設での読み替え措置は利用できません.
【読み替え処置の期間】
認定臨床研修の読み替え措置の期間は,2016年4月1日から2021年3月31日の5年間とします.
【研修課題】
読み替え措置における研修課題は,課題付研修と自施設症例報告となります.
【課題付研修】
認定臨床研修施設で研修指導者の下,課題付研修が行われます.
研修内容は,1研修が4時間で,研修施設の症例を評価し治療計画を立案し,研修指導者とその後ディスカッションを行い,一次研修で1回以上,二次研修で2回以上のスプリントの作製が課せられます.
研修時間は,一次研修は4研修(16時間),二次研修は8研修(32時間)となります.
【課題付研修の申請書類】
申請時には,以下の書類を提出してください.
  (1)認定臨床研修申請書(書式:1)
  (2) 認定臨床研修者個人資料(書式:2)
  (3) 認定臨床研修承諾書(書式:3)
  (4) 本学会会員証の写し
  (5) 本学会認定ハンドセラピスト養成カリキュラムの基礎及び応用実践受講修了証の写し
  (6) 返信用封筒(切手貼付)
【自施設症例報告】
自施設症例報告は,研修者が勤務する施設で担当する(している)症例に関して,症例報告指導者から3か月間の臨床指導の下,症例報告を作成します.症例報告数は,一次研修が1例,二次研が2例です.
【症例報告指導の申請書類】
  (1)自施設症例報告指導申請書(書式:8)
  (2) 自施設症例報告申請者個人資料(書式:9)
  (3) 自施設症例報告指導承諾書(書式:10)
  (4) 返信用封筒(切手貼付)
【課題付研修申請承諾後に提出する書類】
1. 認定臨床研修委員会に提出する書類
  (1)認定臨床研修承諾書(書式:3)の写し
  (2) 認定臨床研修開始報告書(様式:臨-5号)
  (3) 認定臨床研修に関わる誓約書(様式:臨-6号)
  上記書類は,研修開始1週間前までに送付してください
2. 認定臨床研修施設に提出する書類
  (1)認定臨床研修に関する契約書(書式:4)
  (2) 認定臨床研修施設に対する誓約書(書式:5)
  (3) 個人情報取り扱い誓約書(書式:6)
  (4) 課題付研修合格証明書(様式:臨-13号)
【症例報告指導申請承諾後に提出する書類】
1. 認定臨床研修委員会に提出する書類
  (1)自施設症例報告指導受け入れ返答書(書式:10)の写し
  (2) 自施設症例報告に関する報告書(様式:臨-14)
  上記書類は,研修開始1週間前までに送付してください
【研修費】
施設使用料と研修指導料を合わせた認定臨床研修費を認定臨床研修施設の規定に従い支払ってください.
内容等に関しては,研修施設に直接問い合わせください.
【認定臨床研修読み替え措置修了の基準】
1. 一次研修
  (1) 4研修の課題付研修の合格
  (2) 1例の自施設症例報告の合格
2. 二次研修
  (1)8研修の課題付研修の合格
  (2) 2例の自施設症例報告の合格
【読み替え措置合格後に提出する書類】
1. 一次研修
  (1)4枚の課題付研修合格証明書(様式:臨-13号)
  (2) 1症例分の合格した症例報告合否判定表(書式:7)
  (3) 1症例分の自施設症例報告
  (4) 1症例分の症例報告の同意書(様式:臨-8号)
2. 二次研修
  (1)認定臨床研修一次研修修了証の写し
  (2) 8枚の課題付研修合格証明書(様式:臨-13号)
  (3) 2症例分の合格した症例報告合否判定表(書式:7)
  (4) 2症例分の自施設症例報告
  (5) 2症例分の症例報告の同意書(様式:臨-8号)
【認定臨床研修読み替え措置申請および実施に関する書類】
認定臨床研修の申請に必要な所定の書式を貼付します.ダウンロードしてご使用ください.
  自施設症例報告指導申請書(書式:8)
  自施設症例報告申請者個人資料(書式:9)
  自施設症例報告指導承諾書(書式:10)
  課題付研修合格証明書(様式:臨-13号)
  自施設症例報告に関する報告書(様式:臨-14)
【認定臨床研修に関する問い合わせ】
〒192-0002 東京都八王子市高月町360番地 
東京手の外科・スポーツ医学研究所 認定臨床研修委員会事務局   阿部幸一郎 
E-mail:rinken@jhts.org
認定臨床研修の手引き
  臨床研修に関する詳細は「認定臨床研修の手引き」をご確認ください。
  認定臨床研修の手引き
  認定臨床研修のQ&A