研修実践関連(養成カリキュラム)
 研修実践の概要    養成カリキュラム    研修会の単位認定の申請方法
養成カリキュラム
認定ハンドセラピスト養成カリキュラムとセミナー対応表拡大図
※ 基礎研修は,原則として基礎Ⅰ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅱの順で受講しなければなりません.
※ 触診セミナーは入門セミナーを受講後に受講しなければなりません.
※ 基礎Ⅱの科目は応用実践研修の科目と組み合わせて開講されます.
※ 応用実践5(ハンドスプリントⅠ,Ⅱ)を除く応用実践研修は,基礎Ⅰ,Ⅲ,Ⅳを受講していること.
   さらに5年以上の手外科領域の臨床経験があり,10例の症例経験一覧と1例の症例要約を提出して
   いることが必要です.応用実践5(ハンドスプリントⅠ,Ⅱ)は,受講順序を問いません.
※ 研究・教育・開発研修は,応用実践研修の12講座を修了していることが受講要件となりますが,上級
   ハンドスプリントセミナーは,基礎研修と応用実践5を受講した後に受講できます.