一般向けニュース
(一社)日本ハンドセラピィ学会認定証書等の再発行に関して

平成29年10月25日 提示  一般社団法人日本ハンドセラピィ学会
認定資格審査委員会 岡野昭夫

 当学会主催研修会の認定証書等(認定ハンドセラピスト養成カリキュラム修了証,教育・社会貢献証明書,認定試験合格証,認定ハンドセラピスト認定証,認定臨床研修施設証明書,SW-t講習会修了書)に関しては、現在まで基本的に再発行はしていませんので、各会員における自己管理をお願いしております。しかし、認定ハンドセラピスト制度が開始され8年を経過し、多くの会員の方々が基礎研修会を経て、応用実践研修会に進まれる中で、基礎研修会の修了証が見つからないために、応用実践研修会を受けたくても受けられないというご意見を耳にすると共に再発行して欲しいというご希望が聞かれるようになって参りました。当学会としましても、なるべく多くの会員の方々に認定ハンドセラピストを取得して頂きたいと考えておりますので、この度、再発行に関して以下のような手続きを取って頂ければお受けさせて頂くことと致しました。
 またこれを機に、会員の皆様の過去の受講データを一元管理するシステムも導入し、会員からの問い合わせにお応えできるようにして参りたいと思っております。今後とも、認定資格制度へのご協力を宜しくお願い申し上げます。

【手続きの手順】
1. 証書等再発行申請書兼誓約書に必要事項を書き込み,署名捺印する.
2. 再発行事務手数料2000円を学会口座(下記参照)へ振り込む.
3. 返信用封筒(証明書が入る大きさ)に返信用切手を貼り,宛名等を明記する.
4. 上記1と3を学会事務局(下記参照)へ送付する.
【振込先】
郵便振替口座番号:00250−8−4421
名 称 :日本ハンドセラピィ学会

【送付先およびお問合せ先】
〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1丁目4−8 日栄ビル703A
(有)あゆみコーポレーション内   一社)日本ハンドセラピィ学会事務局
E-mail:secretariat@jhts.org


2017年度留学支援制度二次募集開始のお知らせについて

平成29年8月5日 提示  一般社団法人日本ハンドセラピィ学会
学術研究委員会委員長 野中信宏

〇留学支援制度とは
 ハンドセラピィ領域に関する研究,臨床,教育において国際的に活躍できる人材や本学会の運営活動において国際的に貢献できる人材の育成を目的に2016年度から開始される会員支援制度のひとつです。
 ※今年度より、支援内容が変更となりました。短期間の海外施設研修や数日の海外施設見学についても支援金を支給いたします

2017年度留学支援者を募集いたします。

〇第2次応募期間:2017年 8月1日〜10月30日必着
 応募要項は、2017年度 留学支援者 募集のお知らせをご参照ください。

〇関係書類一覧
 ・一般社団法人日本ハンドセラピィ学会 留学支援制度に関する規定
 ・様式第1号 申請願書(word)
 ・様式第2号 申請調書(word)
 ・様式第3号 支援金支出計画調査書(word)
 ・様式第4号 支出報告書(word)
 ・様式第5号 留学実績報告書(word)

〇留学制度に関する書類の提出先・問い合わせ先
  〒854-0301
  長崎県雲仙市愛野町甲3838-1 愛野記念病院内
  日本ハンドセラピィ学会  学術研究委員会  野中信宏
  E-mail:academic_research@jhts.org


【重要】SW-test講習会に関する重要なお知らせ3

平成28年12月14日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会

【第3回SW-test講習会】
   日  時:2017年2月26日(日)
   場  所:慶應義塾大学病院 新教育研究棟2階講堂
   定  員:80名
   講習会費:会員4000円/非会員5000円 マニュアル込み
   募集開始:12月26日(予定)
応募に関して、申し込みは各施設2名までといたします。
 3名以上で申し込まれた場合は、システム上自動返信メールが送付されますが、後日開催事務局よりキャンセル手続きを行いますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます
 ので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【SW-test DVD講習会】受講を延長します!
   受講期間:申込開始〜平成29年3月31日
   講習会費:会員4000円/非会員5000円 マニュアル込み
※この講習会は、送付されるSW-test講習会のDVDを自宅等で視聴していただきます。
平成23年度以前の手の評価セミナーを修了した方が対象です。申し込みには手の評価セミナー修了証のコピーが必要です。学会事務局で修了の照会は出来ませんので、お手元に修了証のない方はSW-test講習会を受講してください。
※SW-test DVD講習会申し込み方法をご参照の上、お申し込みください。
ご不明の点は、下記までメールでお問い合わせください。
SW-test講習会事務局 2016.swt@gmail.com

SW-test講習会に関するQ&A

平成28年8月19日 提示  一般社団法人日本ハンドセラピィ学会

Q1  精密知覚機能検査の算定に必要な記録はどんなものがありますか?
算定に必要な記録には、医師の指示、検査結果(評価チャート:マニュアル巻末)、検査に関する医師のコメント等があります。医師の指示、検査に関する医師のコメント等は医師が診療録に記載してください。各都道府県の国保連(国民健康保険団体連合会)や支払基金(社会保険診療報酬支払基金)からの添付要請や、各地方厚生局等の指導に対応できるようにご準備ください。

Q2  算定時の診療録の記載に評価チャートの使用は必須ですか?
算定にあたっては、マニュアル巻末の評価チャートを必ずご使用ください。国保連や支払基金からの添付要請には必須です。

Q3  右手、左手に検査を実施した場合は2回分請求可能ですか?
右手、左手にそれぞれ診断名がある場合は請求可能です。健側との比較のために健側手(診断名のない側)に実施した場合は請求できません。

Q4  疾患別リハビリテーション料と同時の請求は可能ですか?
可能です。それぞれの請求に合わせて、診療録へ記録をお願いします。

Q5  SW setの5本セットでも算定可能ですか?
SW setは 20本セットを使用しても、5本セットを使用しても算定できます。ただし医療機器番号のあるものを使用してください。

Q6  同一患者に何回まで算定できますか?またどのくらいの期間をあけるべきですか?
特に決まりはありません。対象者の経過に合わせて判断して下さい。

Q7  医師(手外科学会員でない場合)でも算定が可能ですか?
医師の方も本学会のSW-test講習会を受講し、要件を満たしていれば算定可能です。

Q8  施設基準として受講証明証等の提出は必要ですか?
現在のところ各地方厚生局事務所へ施設基準を届け出る必要性は明記されていません。ご自身の施設内で協議して受講証明証の保管者を取り決めてください。
Q9   算定のために資格の更新手続きは必要ですか?
現在のところ更新手続きの必要性は明記されておりません。

Q10  検査にあたって使用するマニュアルは一人一冊必要ですか?
必ずしもそのようなことはありません。検査にあたっては精密知覚機能検査、Semmes Weinstein monofilament setによる静的触覚の評価マニュアルを遵守して行う必要があるので、いつでもこのマニュアルを参照できるよう検査室に置かれていることが必要です。

Q11  手以外の前腕や上腕,足にSW-testを実施した場合も同様に算定できますか?その時のチャートは何を使えばいいのですか?
現在のチャートに線をつなげて使用するか、それに準じた絵を描写して行ってください。絞扼性神経障害等が適応症となっていますが、特に下肢で請求する場合には症状詳記が必要と思われます。


財務局よりお知らせ

平成28年2月18日 提示  一般社団法人日本ハンドセラピィ学会
事務局長 阿部薫

平素より、財務局業務にご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。この度、年会費を多年にわたり未納の会員に財務局よりご連絡申し上げます。
 定款第11条(3)に従い,2015年8月1日付けで「会費納入督促書」を送付し,「6ヶ月以内に少なくとも2012年度分の12000円の納入が確認されなければ,2016年2月1日付けをもって「会員資格喪失」となる旨の通知をしておりましたが、この度、期日を過ぎましたので、上記対応を施行させていただきました。
 年会費を多年にわたり未納かつ登録された連絡先が不確かになっている会員についても、2015年10月22日付けでホームページに上記内容を明記いたしておりますので、同様に上記対応を施行させていただきました。
 このことについて、お問い合わせなどありましたら、事務局へご連絡くださいますようお願い申し上げます。
 法人格を有する団体として、正当で公平な学会であるべく、定款に則り粛々と会務をすすめる所存ですので、どうぞ今一層のご理解・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


SW-test DVD講習会申し込み開始のお知らせ

平成28年7月27日 提示  一般社団法人日本ハンドセラピィ学会

平成28年8月1日よりSW-test DVD講習会の申し込みを開始します。

平成23年度(2011年度)以前の手の評価セミナーを修了された方で、SW-test DVD講習会の受講をご希望の方は、下記の要項に従ってお申し込みください。
学会ホームページよりSW-test DVD講習会受講申込書をダウンロードし、必要事項をご記入下さい。
平成23年度(2011年度)以前の手の評価セミナー修了証(注1)のコピーをご用意ください。事務局では修了のお問い合わせには回答できませんので、修了証の見当たらない方は、SW-tset講習会を受講して下さい(次回は2016年11月19日です)。
返信用としてレターパックライト360をご用意いただき、宛先にご自分の郵便番号、住所、氏名をご記入ください(二つ折りにしても大丈夫です)。
日本ハンドセラピィ学会の会員の方(注2)は、2016年度の会員証のコピーをご用意ください。
日本ハンドセラピィ学会の会員の方は 銑い髻非会員の方は 銑を封入し、下記の宛先まで送付してください。

申請書類送付先

〒216−8511 川崎市宮前区菅生2−16−1
聖マリアンナ医科大学病院 リハビリテーション部  大森みかよ 宛

 
受講費を下記の振込先に振り込んでください。振込者の名前(カタカナ)は申込者と同一にし、名前の先頭に『D』を付けてください。日本ハンドセラピィ学会の会員は4,000円、非会員は5,000円です。受講費の入金を確認後、DVD等を発送いたします。

受講費振込先

みずほ銀行向ヶ丘支店(540) 普通 1428994
日本ハンドセラピィ学会講習会(ニホンハンドセラピィガッカイコウシュウカイ)

   
申し込み期間は平成28年8月1日〜平成29年1月31日までです。期間中に受講していただきますようお願いいたします。
申込書類と入金の確認をもって申し込みが完了します。受講費振り込み後2週間を過ぎても返送がない場合は、必ず下記のメールアドレスまでご連絡ください。

注1)平成23年度の手の評価セミナーは、平成23年(2011年)7月9日・10日 に開催していますので、この日付以前の手の評価セミナー修了証です。
注2)手の評価セミナー修了時に非会員であっても、現在会員であれば会員として受講してください。手の評価セミナー修了時に会員であっても、現在非会員の場合は非会員で受講してください。会員で、2016年度の年会費が未納の方は、申し込みの前に年会費の入金をお済ませください。年会費と受講費の振込先は異なりますのでご注意ください。

ご不明な点はSW-test講習会事務局 (2016.swt@gmail.com)までお問合せ下さい


SW-tset講習会受講証明証の送付に関するお知らせ 平成24年度(2012年度)以降の手の評価セミナー修了者の方へ

平成28年7月27日 提示  一般社団法人日本ハンドセラピィ学会

平成24年度(2012年度)以降の手の評価セミナー修了者の方へのSW-tset講習会受講証明証の送付作業が完了いたしました。受講証明証は手の評価セミナー修了時の連絡先に送付しておりますので、異動等で現在の連絡先が異なる場合は、受講証明証が届かない恐れがあります。つきましては、平成24年度(2012年度)以降の手の評価セミナー修了者の方で8月を過ぎても未だお手元に受講証明証が届かない場合は、恐れ入りますが、以下の内容をメールにて下記事務局までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

メールアドレス:2016.swt@gmail.com
メールタイトル:『受講証明証未着』と記載してください
]⇒軅茲陵絞愴峭罎よび住所(所属の場合は部署名までお書きください)
△名前
ぜ蠅良床船札潺福悉の讃擇稜月日および番号

事務局に戻った受講証明証と照会できたものから発送いたします。2−3週間お待ちいただくこともございますのでご了承くださいますようお願いいたします。
〇問い合わせ先:SW-test講習会事務局 (2016.swt@gmail.com)


研究助成制度開始のお知らせと2016年度学術研究課題の応募開始について

平成28年6月21日 提示  一般社団法人日本ハンドセラピィ学会
学術研究委員会委員長 野中信宏

〇研究助成制度とは
 会員のハンドセラピィに関する研究の機会を広げ,ハンドセラピィに必要な知見の発見,ハンドセラピィの開発,ハンドセラピィ評価法の開発,ハンドセラピィ効果の証明等,ハンドセラピィの発展のための基礎研究や臨床研究をサポートするために,2015年度から開始された会員支援制度のひとつです.

2017年度学術研究課題を募集いたします。

〇2017年度学術研究課題の応募締め切り:2016年11月11日(必着)
 応募要項は、2017年度学術研究課題募集のお知らせをご参照ください。

〇関係書類一覧
 ・一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会 研究助成制度に関する規定
 ・研究助成金支出に関する留意事項および予算書・支出報告書作成の手引き
 ・様式第1号 研究助成金申請書(word)
 ・様式第2号 研究計画書(word)
 ・様式第3号 助成金予算書(word)
 ・様式第4号 研究・予算計画修正届(word)
 ・様式第5号 支出報告書(word)
 ・様式第6号 助成金交付先調査書(word)
 ・様式第7号 研究成果報告書(word)
 ・様式第8号 辞退届(word)

〇研究助成制度に関する書類の提出先・問い合わせ先
  〒854-0301
  長崎県雲仙市愛野町甲3838-1 愛野記念病院内
  日本ハンドセラピィ学会  学術研究委員会  野中信宏
  E-mail:academic_research@jhts.org


SW-test講習会に関する重要なお知らせ2

平成28年6月5日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会

【第2回SW-test講習会】
   日  時:2016年11月19日(土)
   場  所:聖マリアンナ医科大学病院
   定  員:80名
   講習会費:会員4000円/非会員5000円 マニュアル込み
   募集開始:9月中旬にホームページに掲載
※この講習会は、同日に開催される認定ハンドセラピスト養成カリキュラム「手の評価セミナー」の「感覚」および「SWT実技」の
 2単元のみを受講していただくことになります。
応募に関して、申し込みは各施設1名ないしは2名までといたします。
 3名以上で申し込まれた場合は、システム上自動返信メールが送付されますが、後日開催事務局よりキャンセル手続きを行います
 ので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

【認定ハンドセラピスト養成カリキュラム「手の評価セミナー」】
   日  時:2016年11月19日(土)、20日(日)
   場  所:聖マリアンナ医科大学病院
   定  員:80名
   講習会費:会員8000円/非会員15000円 テキスト・マニュアル込み
   募集開始:9月中旬にホームページに掲載
手の評価セミナーを受講すれば、第2回SW-test講習会の受講も修了します。

【SW-test講習会受講証明証の発行に関する補足】
 平成24年度の手の評価セミナーは平成25年(2013年)2月23日、24日に開催していますので、この日付以降の手の評価セミナー修了証をお持ちの方は、特別な手続きなく受講証明証が送付されます。
 平成23年度の手の評価セミナーは平成23年(2011年)7月9日、10日に開催していますので、この日付以前の手の評価セミナー修了証をお持ちの方は、SW-test講習会を受講するか、DVD講習会を受講してください。

【DVD講習会】
   申込開始:8月初旬にホームページに掲載
   受講期間:申込開始〜平成29年1月31日
   講習会費:会員4000円/非会員5000円 マニュアル込み
※この講習会は、送付されるSW-test講習会のDVDを自宅等で視聴していただきます。
申し込みには手の評価セミナー修了証のコピーが必要です。学会事務局で修了の照会は出来ませんので、お手元に修了証のない方は
 SW-test講習会を受講してください。


ご不明の点は、下記までメールでお問い合わせください。
SW-test講習会事務局 2016.swt@gmail.com

SW-test講習会に関する重要なお知らせ

平成28年5月17日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会

<SW-test講習会受講証明書の発行について>
1. SW-test講習会の受講者には、受講後に受講証明書をお渡しいたします。
2. 認定ハンドセラピストには、8月より順次SW-test講習会のDVD(教材用)と受講証明書を発送します。申し込みは不要です。
3. 平成24年度以降の認定ハンドセラピスト制度 養成カリキュラム「手の評価セミナー」修了者には、6月より受講証明書を順次発送します。申し込みは不要です。 
4. 平成23年度以前の認定ハンドセラピスト制度 養成カリキュラム「手の評価セミナー」修了者は、当該セミナーには実技講習が含まれていないためSW-test講習会の受講が原則必要となります。ただしSW-test講習会に参加できない場合は、DVD講習の受講をもって受講証明書を発送します。SW-test DVD講習は8月〜開始、申し込み制です。申し込み方法は近日中にHPに掲載にします。

<6月12日SW-test講習会の申し込み取り消しについて>
上記の該当者のうち既に6月12日のSW-test講習会にお申し込みいただいた方で、申し込みの取り消しをご希望の方は、必ずメールにて開催事務局(2016.swt@gmail.com)までご連絡ください。

日本手外科学会主催第21回秋期教育研修会申し込み締め切りについて

平成27年7月20日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会 事務局 蓬莱谷耕士

 平素より当会の運営にご支援いただきまして誠にありがとうございます。
 日本手外科学会主催第21回秋期教育研修会が日本手外科学会様のご支援によりセラピスト参加枠を多数ご用意いただいております。
 しかし、本年度は申込者多数により7月24日を持って締め切りとさせていただくこととなりました。
 受講希望の方で申し込みがまだお済みでない方(OT・PT)は、お早めに当会ホームページよりお申し込みください。
 何とぞよろしくお願い申し上げます

学術集会演題発表に関する応募資格の変更について

平成27年7月16日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会 学術研究委員会委員長 野中信宏

第28回日本ハンドセラピィ学会学術集会(2016年4月開催予定)から,本学会主催の学術集会の演題発表応募資格が変更となり,筆頭演者は本学会会員限定となりました.共同演者は本学会の会員であることを問いません. なお,本学会会員であっても当該年度までの年会費が未納の場合,応募できませんので早めに年会費をお支払いください.演題募集締め切り時点において,年会費の振り込みが確認できない場合には,演題を取り下げる場合がありますのでご注意ください.

学術集会発表論文の受付期間について

平成27年5月20日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会 学術研究委員会委員長 野中信宏

 現在、第27回日本ハンドセラピィ学会学術集会発表論文の受付を行っております。受付期間は、学会終了後6か月以内と定めていますので、期間内にご投稿いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

日本手外科学会主催 第20回秋期教育研修会の募集について

平成26年8月19日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会 事務局長 蓬�愬谷耕士

 先生方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、8月30日、31日の両日にわたり、ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター ホールC(グランフロント:大阪市内)において日本手外科学会主催の第20回秋期教育研修会が開催されます。日本手外科学会の先生方のご好意で作業療法士、理学療法士の参加費を半額としていただき、またセラピストの参加枠を多大に用意いただいております。
 本研修会は、著名な先生方による幅広い内容での講演が拝聴できる貴重な機会となっております。また、当会前理事長の中山幸保先生によるご講演もプログラムに含まれております。
 開催間近となり、締め切りも間近ですが、応募は延長いたしますので都合のつく先生におかれましてはふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。
 なお、当会の会員・非会員に限らず広く応募いたしますので参加希望の先生は、こちらよりお申し込みください。
 セミナーの参加費は当日徴収させていただきます。
 よろしくお願い申し上げます。


応用実践コース 上肢複合組織損傷セミナー」の延期のお知らせ

平成26年2月6日 提示    一般社団法人 日本ハンドセラピィ学会 理事長 中山 幸保
セミナー開講責任者 西出 義明

日本ハンドセラピィ学会会員の先生方各位
謹啓 立春の候、先生方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素より日本ハンドセラピィ学会には、ひとかたならぬご協力ならびにご鞭撻を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、この度は2014年3月1日〜2日に開催予定でありました本学会主催の「応用実践コース 上肢複合組織損傷セミナー」を来年度へ延期とさせて頂きました。このような事態になりましたことを伏してお詫び申し上げます。
 延期に至った理由につきましては、本年度に4つの応用実践コースのセミナーを開催予定でしたが、他の3つの応用実践セミナーを受講できる申込者の数が少なく中止になり、本学会役員会で審議したところ本セミナーだけを今年度に開催すると中止したセミナーとの整合性がとれなくなるとの判断によるものです。
 本セミナー開催は平成26年12月に予定しております。ご高配のほどよろしくお願い申し上げます。
 本学会では、今後もハンドセラピィの発展とハンドセラピストの育成に向けて、会員一同努力する所存でございます。
 先生方には、今後とも何卒倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


応用実践研修会「末梢神経損傷・機能再建セミナー」の中止のお知らせ

平成25年10月13日 提示    認定教育研修委員会 委員長  田崎 和幸

11月16日・17日に開催を予定しておりました応用実践研修会「末梢神経損傷・機能再建セミナー」は運営上の問題で開催を見合わせることになりました。応募いただいた方、関係者の方々にご迷惑をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。


応用実践研修会「腱損傷・拘縮セミナー」の中止のお知らせ

平成25年10月2日 提示    認定教育研修委員会 委員長  田崎 和幸

11月2日・3日に開催を予定しておりました応用実践研修会「腱損傷・拘縮セミナー」は運営上の問題で開催を見合わせることになりました。応募いただいた方、関係者の方々にご迷惑をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。


IFSHTの抄録締め切り延長について

平成24年9月3日 提示    国際交流委員会 委員長  西村 誠次

2013年3月4日 から8日 にインドのニューデリーにて開催されますIFSHTの 抄録の締め切りが以下のように延長されました。

変更前:2012年8月31日  →  変更後:2012年9月20日

詳細はこちらをご参照ください。


応用実践研修会受講要件について

平成24年6月27日 提示   認定教育研修委員会 委員長  田崎 和幸

すべての基礎研修会(入門セミナー、評価セミナー、機能解剖・触診セミナー)の受講が修了され、今年度から開講する応用実践研修会(今年度は、骨折・炎症性疾患セミナー:平成25年1月26、27日開講予定、腱損傷・拘縮セミナー:平成25年3月9、10日開講予定)の受講を予定されている方は、受講要件として全ての基礎研修会の受講修了証と5年間の手外科臨床経験の証明および10例の症例経験一覧と1例の症例要約の提出が義務付けられております。手外科臨床経験の証明は勤務施設発行の勤務証明書を用い、5年間の症例経験一覧と症例要約は指定書式(様式:試‐2‐1号様式:試‐3号)に記入し、日本ハンドセラピィ学会認定資格審査委員会に提出してください。(なお、手外科症例一覧はこちらを参考に記入してください。)これらを提出しないと応用実践研修会の受講申し込みはできませんのでご注意ください。ただし、応用実践研修会プログラムの一部については、認定ハンドセラピスト制度に関係ない方も受講できます。各研修会の開催要項をご確認ください。

提 出 先

〒569−0801 大阪府高槻市大学町2−7
大阪医科大学附属病院 リハビリテーション科内
認定資格審査委員会事務局  蓬莱谷 耕士宛


事務局よりお知らせ

平成23年4月27日  提示   日本ハンドセラピィ学会 事務局長  大森 みかよ

・会員の皆様へ
  会員証は5月10日ごろお手元に届くように手配したします。年会費未納のかたはお早めにお振込下さい。

・2011年3月以降の新入会の方へ
  会員証は5月10日ごろお手元に届くように手配しております。
  事務局作業遅延のため、ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありません。


第23回日本ハンドセラピィ学会学術集会の開催について

平成23年3月17日  提示   日本ハンドセラピィ学会 会長  中山 幸保
第23回学術集会 会長  大溝 昌章

 平成23年3月14日付けで、第23回日本ハンドセラピィ学会学術集会について“予定通り開催する”と、ご案内させていただきました。しかしながら、東北地方の被災者や支援者の方々の生活、交通機関を含む甚大な被害状況、原発事故などの非常に不安定な状況、これに関する学術集会参加者の安全性などを考慮した結果、4月16日の学術集会開催は困難であると判断致しました。皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。
 今後の学術集会開催に関しましては現在協議中ですので、決定次第改めてご案内させていただきます。すでにご準備を進めておられる方も多いと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


東北地方太平洋沖地震被災地で業務されている日本ハンドセラピィ学会会員の方々へ

平成23年 3月14日 掲示  日本ハンドセラピィ学会 会長  中山 幸保

 この度の大震災に際し、被災地で業務されておられる方々に、心よりお見舞い申し上げます。
 ライフラインの寸断などで被災地の会員の方々とは連絡が困難な状況にありますが、ご自身、ご家族、ご親族にお怪我や被害はございませんでしょうか。
 震災の瞬間から現在までの、被災状況が終日にわたり報道され、地震、津波、原発事故と観測史上最大の甚大な被害には、映像からの情報ではございますが、これまでに経験したことがない、超越した恐怖感を憶えます。
 まだ余震活動は活発で、危険と背中合わせで、生活と業務にご尽力されていることと思います。本格的な復旧のめどが立たない状況で、これからの永いご苦労やご心労に、心痛の極みです。  日本ハンドセラピィ学会でお手伝いできることがありましたら、ご遠慮なく何なりと申し付けください。
 甚だ簡単ではございますが、会員の皆様のご無事と今後のご健康をお祈り申し上げます。


第23回日本ハンドセラピィ学会学術集会に関するお知らせ

平成23年 3月14日 掲示  日本ハンドセラピィ学会

東北地方太平洋沖地震に際しまして、4月16日開催予定の第23回日本ハンドセラピィ学会学術集会の開催について案内申し上げます.
第23回日本ハンドセラピィ学会学術集会は予定通り開催いたします.
開催に関する詳細な情報は、適宜学術集会HPをご確認ください.
また、交通機関の運行状況は各自ご確認ください.


第23回日本ハンドセラピィ学会学術集会演題申込に関するお知らせ

平成22年 10月6日 掲示  第23回学術集会会長  大溝 昌章

 第23回日本ハンドセラピィ学会学術集会の演題募集は2010年10月15日(金)から開始いたします.学術集会HPの演題募集ページの案内に沿ってお申し込みください.
 口述発表とポスター発表を選択して頂きますが,発表形式につきましては変更をお願いする場合もありますことをあらかじめご了承ください.
 なお,抄録の送信締切は2010年12月18日(土)を予定しています.多数の演題申し込みをお待ちしております.


国際交流委員会からのお知らせ〜2010IFSSHの参加登録に関するお知らせ

平成22年 5月27日 掲示  国際交流委員長  西村 誠次

2010IFSSHの参加登録のRegistrationに「Hand Therapist」が追加されました.


国際交流委員会からのお知らせ〜2010IFSSHの演題締切の延長に関するお知らせ

平成22年 5月6日 掲示  国際交流委員長  西村 誠次

2010 IFSSHの演題締切が5月15日まで延長されました.
応募される方は,セッションの選択を「Unclassified: Stiffness, Rahabilitation and Others」とし,Web上での登録後,西村まで氏名,所属とタイトルをご連絡ください.

問い合わせ

西村 誠次:seiji@kenroku.kanazawa-u.ac.jp


国際交流委員会からのお知らせ〜2010IFSSHに関して

平成22年 4月21日 掲示  国際交流委員長  西村 誠次

<Call for Abstractsに関して>
 ハンドセラピィ関連で演題をエントリーされる方は,セッションの選択は,「Unclassified: Stiffness, Rahabilitation and Others」
 とし,Web上での登録後,西村まで氏名,所属とタイトルをご連絡ください.
<Registrationに関して>
 セラピストで参加される方は,「Resident&Fellow」でご登録下さい.

問い合わせ

西村 誠次:seiji@kenroku.kanazawa-u.ac.jp


事務局よりお願い 〜 入会希望の方へ

平成22年 2月22日 掲示   事務局長  大森 みかよ

 2010年3月中の入会申請は、ご希望がない限り2010年4月1日扱いとさせていただきます。そのため4月上旬に会員証及び学術集会抄録集等を送付いたします。入会申請書の送付、入会金・年会費の振込みは3月末日までにお済ませ下さい。
申請及び振込みが4月になりますと、学術集会前のため入会受理が一時的に停止する場合がございます。
 2009年度の入会を希望の方は、申請用紙に「2009年度入会希望」とお書き添え下さい。振込みが確認された時点で、会員証を発行し会員と同様に3〜4月の発送に合わせて郵送物をお送りします。(別途2010年度年会費を3月末までにお振り込み頂くことが必要となりますのでご承知下さい。)